はるデザイン合同会社について

はるデザイン合同会社について

あなたは、はるデザインのことをお知り合いから聞かれてこのサイトにお越しになったのでしょうか?

もしくは、インターネットで検索していてたどりついたのでしょうか?

はじめまして、ホームページ(ウェブサイト)制作会社「はるデザイン」のWebデザイナーの芹川愛莉です。

はるデザインはこれまでご紹介のお客様を大切にお客様一人ひとりのご希望に沿ったホームページ(ウェブサイト)を制作してきました。

飲食店、病院、法律事務所、ヘアサロン、パチンコ店、消費者金融など、10年間、約100件のホームページ(ウェブサイト)を作りつづけてきました。

目次

はるデザインが、お客様から選ばれつづけてきた理由

12ヶ月で割ると、月に1件にも満たない数です。

100件と聞くと、大きな数字と思われるかもしれませんが10年で割ると1年で10件です。

この数字からおわかりのとおり、はるデザインは決して大きな制作会社ではありません。

スタッフの数は、私を入れても3名という小さな会社です。

ですが、どこにも負けない良質なホームページ(ウェブサイト)を作りつづけてきたという自信があります。

10年以上、入れ替わりの激しいこの業界で小さな会社が生き残ってこれたのは、はるデザインがつくるホームページ(ウェブサイト)を気に入ってくださり、はるデザインのことを多くの方にご紹介してくださったからです。

心から感謝申し上げます。

さて、はるデザインが考える「ホームページ(ウェブサイト)を作る際に一番大切なこと」を少しお話しさせてください。

「ホームページ(ウェブサイト)」という言葉を聞くと、おそらく、多くの方が「プログラマー」という言葉を頭に浮かべるのではないでしょうか?

たしかに、ホームページ(ウェブサイト)の制作において、プログラマーの技術はとても大事です。

ただ、はるデザインは、その「技術」よりももっと大切なことがあると考えています。

それは、お客様とコミュニケーションをとる力です。

インターネットの環境が日本中に整ったことで、お互いの顔を見ずとも、インターネット上だけで取引が完結する業態が増えています。

たとえば、ホームページ(ウェブサイト)制作においても、必要事項をいくつか入力するだけで作れるサービスもあります。

誠に恐縮ながら、お客様はホームページ(ウェブサイト)のプロではありません。

自分の頭の中にあるホームページ(ウェブサイト)のイメージを伝えたいと思っても、言葉がなかなか出てこないことが多くあるはずです。

だからこそ、私たちプロが、お客様の思いやイメージを感じ取り「そうそう、こんなホームページ(ウェブサイト)がほしかったんだ」という正解を導き出す必要があると考えています。

そして、そのために必要な力こそが、コニュニケーション力だと思うのです。

はるデザインを10年間ずっと支えてくださっているベテラン技術者で同社代表の南はいつもこう言います。

完璧な品質のホームページなんて存在しない。完璧な絶望がないようにね。
でも、常に利用者様の視点でWebサイトを作ることで、少しでも100点満点に近づけよう。

南圭介 16分類mbti:建築家(孤高のコミュ障)

ホームページ(ウェブサイト)は、そのサイトを必要としている人のために作るサイトだ。だから、注文してくれたお客様からの要望をしっかり聞き、お客様が本当に求めているものを作らなきゃいけないんだ。

たとえば、もし、ホームページ(ウェブサイト)を注文したことのないお客様なら、僕たち技術者がどんなふうに制作を進めるか、その裏側まで知ってもらう。そうすることでお客様はホームページ(ウェブサイト)に関する知識が身につき、僕たちに要望も伝えやすくなる。

だから、まずは、お客様とコニュニケーションをとることが大切なんだ。

もし、お客様が要望を言いにくい空気を誤魔化して、他人の意見を聞こうとしない技術者なんて最悪だ。

僕たちの仕事はお客様の思いを形にする仕事だ。だから、お客様に信頼してもらうことが、何よりも大切なんだよ。」

うちの南は、笑顔でそういうことを私たちに教えてくれます。

一般的なプログラマーのイメージというと、どこかオタク気質で、無口なイメージがあるかもしれません。

  • 本当に自分のほしいホームページ(ウェブサイト)を作ってくれるのだろうか?
  • 途中でデザインの調整をお願いしても大丈夫だろうか?

そういったことを不安に思われる方も多いようです。その気持ち、私もすごくわかります。

私は、インターネットに可能性を感じこの業界に入りました。

5年前までは大学に通っていたため、IT業界歴はまだまだ浅い人間です。

ただ、私は、高校生の頃、父に買ってもらったパソコンでホームページ(ウェブサイト)を作っていました。そういう意味では、IT業界歴は長いかもしれません。

そんな私が本格的に自分のためのホームページ(ウェブサイト)を作ったのは大学2年生。

就職活動のためにポートフォリオサイトを作ったのです。

1ページだけの小さなホームページ(ウェブサイト)でしたが、私にはこだわりがあった。

文字サイズの1ピクセルまでこだわりたかった。

その時、私の指導教官だったのがはるデザイン代表の南。

南は、ホームページ(ウェブサイト)に決して詳しいとは言えない私の細かな疑問に1つ1つ答えてくれました。

大変だったと思います。

私の細かなこだわりを聞くだけでなく「こうしたほうがいいよ」というアドバイスや写真の撮り方も一つずつ教えてくれました。

そして、仕上がったポートフォリオサイトは私の分身のように大切なものとなりました。

ホームページ(ウェブサイト)で悩まれる多くの方は、自分に合った制作会社探しで悩んでおられます。

なかには、他の制作会社で高い予算をかけて作ったホームページ(ウェブサイト)が合わず、はるデザインにて、新しくホームページ(ウェブサイト)を作られた方もいらっしゃいました。

ホームページ(ウェブサイト)を作るということは、費用だけでなく、あなたの大切な時間を使うということです。

打ち合わせ、制作、すべてに時間がかかります。だからこそ、ご自身に合った制作会社に出会っていただきたいと強く思います。

もし、はるデザインでホームページ(ウェブサイト)制作に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。

はるデザインは、ホームページ(ウェブサイト)に興味のあるすべての方にとって身近な制作会社でありたいと思っています。

お問い合わせいただく際は、メールでもお電話でも大丈夫です。

また必要に応じて、出張もさせていただきます。

あなたのそばに素敵なホームページ(ウェブサイト)がある人生を願って。

芹川愛莉|Webデザイナー|はるデザイン合同会社

Webデザイナー・SEOライター

芹川愛莉

転職を繰り返した経験から手に職をつけたいと一念発起してWebマーケティングの世界に。現在はSEOライター、Webデザイナーとして活動中。

大分県大分市出身

平成9年(1997年)生まれ

女性

16分類mbti:巨匠(インテリヤンキー)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次